QuicksilverからAlfredに乗り換え


Switching Quicksilver to Alfred
近頃トラブル続きだったMac用のランチャー「Quicksilver」。
普段の使い勝手は良いのですが、たまに暴走してCPU使用率が100%超、なんて事がよく起こっていました。
そこで、代替ランチャーアプリとして「Alfred」というMac用ランチャーに切り替えてみた所、意外と好感触だったので、ここで紹介しておきます。

まず、乗り換え前のQuicksilverについて気に入っているポイントを3点挙げてみました。

Quicksilverのお気に入りポイント

Quicksilverスクリーンショット1

英語名のアプリケーション名で起動できる
日本語環境のMacOSでは「ターミナル」「システム環境設定」のように日本語名が付与されているアプリケーションが少なくありません。
でも、日本語は「入力 → 変換 → 確定」という手順を踏んで入力することになるので、これが結構煩わしいのです。
その点、Quicksilverでは英語名でアクセスできるので、ターミナルなら「terminal」、システム環境設定なら「system〜」と入力するだけでアプリケーションにアクセスできるので、とっても楽!
見た目がカッコイイ
Quicksilverにはカスタムテーマ機能があって、特に Showcase というテーマがお気に入り…だったのだけれど、MacOSをSnow Leopardにアップデートしたあたりから動作しなくなったので、泣く泣くデフォルトのテーマを使ってました。。
デフォルトでも十分カッコイイんですけどね。
※上のスクリーンショットはデフォルトのテーマのものです。
Large Type機能
ランチャー上で「.」(ドット)を入力後に文字を入力してreturnキーを押すと、入力した文字をでかでかと表示してくれる機能が「Large Type」です。
下のスクリーンショットのように表示されます。

Quicksilverスクリーンショット2
こんな風に「あの漢字どうやって書くんだったかなー」みたいなシーンで活躍してました。

んで、今度はAlfredについて。

Alfredのお気に入りポイント

Alfredスクリーンショット1

英語名のアプリケーション名で起動できる
理由は上記のQuicksilverと同様。
ただし、こちらは日本語名でアプリケーションにアクセスしたい場合は、そのように設定で切り替えられる点でQuicksilverより優位です。
見た目がそこそこキレイ
スッキリしたデザインで好み。
ただ、Quicksilverのようなカスタムテーマ機能は無いっぽい?
サクサク軽快に動作する
体感速度ですが、Quicksilverと比べて反応速度が倍近く高速な気がします。
今のところQuicksilverのようなCPU使用率100%超えの暴走も起きていません。

Alfredスクリーンショット2
唯一、「Large Type」機能が使えない点が僕にとってのAlfredのデメリットなのですが、ランチャー上に入力した文字そのものが結構な大きさなので、しばらくはこの文字サイズで我慢してみます。
何より、開発の終了したQuicksilverと違ってAlfredは絶賛開発中なので、今後の機能拡張に期待!です。

Alfredはまだベータリリースですが、下記のページからダウンロードできるので、ご興味のある方は自己責任でお試しくださいー。
Alfred App
http://www.alfredapp.com/

Spotlightスクリーンショット
ちなみに、Mac OS Xにデフォルトで付属しているランチャーっぽいアプリケーション「Spotlight」は、英語名でアプリケーションにアクセス出来ない上、「最初に押したキーが勝手に確定される」という不具合があるので使う気が起きません(苦笑)。
※スクリーンショットは「システム」と入力しようとしたら最初のキーが勝手に確定されて「sいすてむ」になってしまっている悲しい図。


QuicksilverからAlfredに乗り換え」への5件のフィードバック

  1. Splice

    こ、これはイィ!
    未だに教えてもらったQS使ってました。
    会社のにもQSいれてました。

    早速乗り換えました。

  2. ピンバック: Quick Silverを超えた?AlfredでMacをカチャカチャ使う *男子ハック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です