メモリの規格 「PC3-8500」と「PC3-10600」


MBPの裏面を開けた図
前回のエントリに引き続き、MacBook Pro(15-inch, Mid 2010)のメモリ交換の話題です。
上の写真はメモリを交換するためにMBPの背面を開いた時の図。

で、メモリが届いてから知ったのですが…注文したメモリの規格名を間違えていましたw

DDR-1333 8GB
届いたのは「PC3-10600 DDR3 1066 MHz タイプ」のメモリ。
しかし、Appleのサポートページによると私の15インチMBP(Mid 2010)の対応規格は「PC3-8500 DDR3 1066 MHz タイプ」。
微妙に規格名が違う…。

メモリ増設後の"About This Mac"
でも、調べてみると「PC3-10600」規格は「PC3-8500」の上位互換規格らしい。
試しに装着してみたところ、問題なく動作しました!
よかったー。。
(参考)
PC3-8500とPC3-10600の違いってなんですか? – Yahoo!知恵袋

今回の教訓

Appleのサポートページはちゃんと最後までスクロールして読む。
ページの上の方の説明しか読んで無かったのが注文間違いの原因でした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です