Renewal with WordPress


MacBook Pro
個人仕事でWordPressというCMSを利用することになりそうなので、柔軟性のテストがてら自分のサイトをWordPressを使ってリニューアルしてみました。
今までもこのブログはWordPressを利用して運用していたものの、ほとんどノーマルの状態で使っていたので、カスタマイズにおいては初心者です。
※リニューアル後のデザインの色合いは、最近手に入れたMacBook Pro(画像)の影響を過大に受けています(笑)。

しかしこの作業は、すんなりとは終わりませんでした。。。

blkでは、レンタルサーバに「さくらのレンタルサーバ」さんを利用させて頂いています。
私の契約しているスタンダードプランではMySQLが利用出来るのですが、昔はMySQL4しか利用出来ませんでした。
しかし、WordPressはバージョン2.9からMySQL4.1.2以降が利用できるサーバでないとインストール出来ない仕様になっていて、このままではWordPressのバージョンを2.8.xまでしか利用出来なくなってしまいます。

困り果ててググってみると、さくらでもMySQL5を利用する手段が提供されている事が判明。
ただし、そのためには今使っているデータベースをいったん削除して、新しいデータベースサーバにデータを移行する必要がありました。
※こちらの記事を参考にさせて頂きました:
さくらインターネットのレンタルサーバで WordPress 2.9 へアップグレードできない方へ – Bamboo Studio * バンブースタジオ | Blog™

BIKEPORT
このblkと同じサーバでBIKEPORTというサービスも運用しているため、DBサーバの更新のためにはいったんサービスを止めなければならない事に。(- -;)
軽い気持ちで始めたリニューアル作業が、運用中のウェブサービスを停止する事態まで引き起こしてしまったのでした。
まぁ、BIKEPORTのユーザ数を考えれば日中に移行作業をやっても全然問題無いのですが、一応深夜まで待って移行しました。

そんな風にして、ツールそのものよりもインフラに四苦八苦しながらWordPressをカスタマイズしてみた感想としては…

  • 癖はあるけど、WordPressちょー便利!
  • でもユーザ側が覚えなければいけない事が多い気がする

全体的にすっごく高機能で、テンプレの編集も自由自在。
足りない機能はプラグインを探すか、簡単なものであれば自分で作り足せばOK。

ただ、一般的なサイトによくある「ページによって違うレイアウトで表示したい」「更新するページ毎に入力したい項目が違う」といった要望への対応は、あまり綺麗にこなせないかもしれません。

例えばこのサイトでは、「Topic」「Web(System)」といったカテゴリ毎にページレイアウトを区別して運用しています。
しかし、「Topic」(=ニュースや日記)と「Web(System)」(=ポートフォリオ)を同じ入口(同一の記事投稿ページ)から管理する操作には、少し抵抗を感じてしまうかもしれません。
例として、管理画面上で同じ「本文」という欄に入力した文章でも、設定したカテゴリによって表示位置が異なる事になるので、どうも直感的じゃない気がします。
コンテンツごとに別々の管理画面を表示するようなプラグインを作成すれば良いんだろうけど…そこまですると手間がかかりすぎるので嫌(笑)。

とはいえ、この違和感はただ単に僕が直近でWordPressの運用方法に馴染めていないだけなのかもしれません。
実際にWordPressを利用して運用されているウェブサイトは多数存在するはずなので、世の中では既に十分に受け入れられている文化なのでしょうね。
※もしくは、もっと直感的に複数種類のページを管理するうまい形態が存在するのか…?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です