カテゴリー別アーカイブ: Topic

QuicksilverからAlfredに乗り換え

Switching Quicksilver to Alfred
近頃トラブル続きだったMac用のランチャー「Quicksilver」。
普段の使い勝手は良いのですが、たまに暴走してCPU使用率が100%超、なんて事がよく起こっていました。
そこで、代替ランチャーアプリとして「Alfred」というMac用ランチャーに切り替えてみた所、意外と好感触だったので、ここで紹介しておきます。

まず、乗り換え前のQuicksilverについて気に入っているポイントを3点挙げてみました。

Quicksilverのお気に入りポイント

Quicksilverスクリーンショット1

英語名のアプリケーション名で起動できる
日本語環境のMacOSでは「ターミナル」「システム環境設定」のように日本語名が付与されているアプリケーションが少なくありません。
でも、日本語は「入力 → 変換 → 確定」という手順を踏んで入力することになるので、これが結構煩わしいのです。
その点、Quicksilverでは英語名でアクセスできるので、ターミナルなら「terminal」、システム環境設定なら「system〜」と入力するだけでアプリケーションにアクセスできるので、とっても楽!
見た目がカッコイイ
Quicksilverにはカスタムテーマ機能があって、特に Showcase というテーマがお気に入り…だったのだけれど、MacOSをSnow Leopardにアップデートしたあたりから動作しなくなったので、泣く泣くデフォルトのテーマを使ってました。。
デフォルトでも十分カッコイイんですけどね。
※上のスクリーンショットはデフォルトのテーマのものです。
Large Type機能
ランチャー上で「.」(ドット)を入力後に文字を入力してreturnキーを押すと、入力した文字をでかでかと表示してくれる機能が「Large Type」です。
下のスクリーンショットのように表示されます。

Quicksilverスクリーンショット2
こんな風に「あの漢字どうやって書くんだったかなー」みたいなシーンで活躍してました。

んで、今度はAlfredについて。

Alfredのお気に入りポイント

Alfredスクリーンショット1

英語名のアプリケーション名で起動できる
理由は上記のQuicksilverと同様。
ただし、こちらは日本語名でアプリケーションにアクセスしたい場合は、そのように設定で切り替えられる点でQuicksilverより優位です。
見た目がそこそこキレイ
スッキリしたデザインで好み。
ただ、Quicksilverのようなカスタムテーマ機能は無いっぽい?
サクサク軽快に動作する
体感速度ですが、Quicksilverと比べて反応速度が倍近く高速な気がします。
今のところQuicksilverのようなCPU使用率100%超えの暴走も起きていません。

Alfredスクリーンショット2
唯一、「Large Type」機能が使えない点が僕にとってのAlfredのデメリットなのですが、ランチャー上に入力した文字そのものが結構な大きさなので、しばらくはこの文字サイズで我慢してみます。
何より、開発の終了したQuicksilverと違ってAlfredは絶賛開発中なので、今後の機能拡張に期待!です。

Alfredはまだベータリリースですが、下記のページからダウンロードできるので、ご興味のある方は自己責任でお試しくださいー。
Alfred App
http://www.alfredapp.com/

Spotlightスクリーンショット
ちなみに、Mac OS Xにデフォルトで付属しているランチャーっぽいアプリケーション「Spotlight」は、英語名でアプリケーションにアクセス出来ない上、「最初に押したキーが勝手に確定される」という不具合があるので使う気が起きません(苦笑)。
※スクリーンショットは「システム」と入力しようとしたら最初のキーが勝手に確定されて「sいすてむ」になってしまっている悲しい図。

iPhone用の音楽試聴サービスをリリースしました


外出先で音楽を試聴出来るサービス「30sec.fm」をリリースしました。
(2011年10月4日にMusic Preview 3Gからリニューアルしました)

もともと、iPhoneにはiTunes Storeを利用するためのアプリがプリインストールされていて、そのアプリ上で楽曲の試聴をすることが出来ます。
しかし、このiTunes Storeってやつは無線LAN環境でしか接続出来ない制約があるために、外出先では使えないのです!
CDレンタル屋に行った時などは目に入った曲を気軽に試聴したくなるのですが、その制約のために無線LAN環境の無いお店では試聴が出来ませんでした。

Music Preview 3Gそこで、楽曲を3G回線経由でも試聴出来るようにしたのがこのサービスです。
これなら、CDショップ等で気になる曲名やアーティスト名が目に入った時、サクッと試聴出来ちゃいます!
※楽曲データベースにはiTunes StoreのAPIを使用しているので、iTunes Storeに登録されていない楽曲は試聴できません。


iPhoneをお持ちで音楽好きの方は、ぜひiPhone片手にCDショップ等で使ってみてくださいー。

WiMAX 試してみました


家の中より、外でPC作業をする事の方が多いので、前々から興味があったWiMAX。
15日間無料で機材をレンタル出来る「Try WiMAX」という仕組みがある事を知ったので、早速試してみました。


申込むと、こんな箱とCDを渡されます。
たぶん使い回しなので、箱はそれなりに汚れてます。。。

※ビックカメラの販売員の方によると、このデバイスにはMacOS X10.6.3(僕も使っているOS)上で使用すると不定期に接続が切れてしまう不具合があるそうです。
ただし、こちらのエントリを参考に対処すると問題は出ませんでした。
[解決]MW-U2510(BDSS01/W) + MAC OS X 10.6.3で不具合 by 記憶と忘却の部屋blog

WiMAXで気になっていた点は以下の2点。

・どの程度の速度が出るのか?
・駅の近くなら大抵は接続出来るんだろうけど、自宅でも繋がるのか?

自宅周辺で速度を測った結果は以下。
(※自宅は練馬区・駅から早足で歩いて10分くらいの場所)

自宅でいつもPCを設置してるデスクの上(窓から2mくらいの場所):2〜3Mbps
自宅の窓際:4〜5Mbps
駅から徒歩3分くらいのファーストフード店:6Mbps〜10Mbps

窓からの距離でこんなに速度が変わるとは思ってませんでした。
地下にあるカフェ等だと結構影響がありそうですねー。

思っていたより速度は出ませんでしたが、一応自宅でも使えるレベルでした。
あともう1週間くらいWiMAXを常用してみて、特に困った事が起きなければ自宅の光ファイバを解約してWiMAX一本に絞ろうと思います。

※2010/5/22追記:
WiMAX端末→MacBookPro→PlayStation3 という経路で接続すると恐ろしく遅く(100Kbpsも出てない?)、使い物にならなかったので採用は保留としました。。。